2006年10月08日

ハーブの種採取

今日は、スィートバジルスィートマジョラムの種を採りました。

写真下スィートバジルの種      
basil21.jpg  

写真下スィートマジョラムの種 
majoram7.jpg

ハーブの王様といわれているバジルは、ヒロガーデンで栽培しているもの(写真下)と自宅軒下につるしているつり鉢から、種を採ることができました。

basil17.jpg

ヒロガーデンはここ数ヶ月手入れをしていないので、様々な植物が伸び放題で、足の踏み場もないくらいなんです。

basil20.jpg

特にハーブはすごい繁殖で、もう私の手には負えないほどで、ほんとひどい状態なんですよ。


majoram6.jpg

もう1つのハーブスィートマジョラムは数本あったのですが、今はほとんど枯らしてしまって、6号のつり鉢で育てている1株(写真上)だけになってしまいました。

マジョラムは育てやすいハーブなんですが、水やりを忘れたばかりに数株をだめにしたんです。
でも、この貴重な一株から、種を採取できたので、また殖やせるかもと期待しているところです。


角丸パンチ 〜 majoram2.jpg

マジョラム Marjoram
シソ科・多年草、和名はマヨラナ、原産地は地中海沿岸・トルコ、草丈30〜50p
スィートマジョラムが、いわゆるマジョラムで、リーフティーには精神安定の作用があり、ちょっと疲れがたまったときに飲めば、心も体も元気になれる。
肉やその他の煮込み料理やサラダ・スープに刻んで香りづけに。乾燥させても香りが失われないので、料理や部屋の芳香剤に。


posted by キャットミント at 03:12| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。