2006年06月29日

ラベンダー

lavender17.jpg

写真上デンタータ・ラベンダー


デンタータ・ラベンダーは、ギザギザした細長い葉、この房飾りのようなグレーグリーンの葉が特徴で、花は紫色、四季咲きで楽しませてくれます。

今年4月はじめから咲き始め、6月中頃まで花と香りを楽しませてくれました。しかし残念ながら今月末には花は枯れてしまいました。

デンタータ・ラベンダーと相反するように、サファイアンブルー・ラベンダーが今花の真っ盛りです。
この品種はわが国で作られたもので、夏の暑さには強い品種です。5月はじめに咲き始め、今も咲き誇っています。


写真下サファイアンブルー・ラベンダー

lavender20.jpg


ラベンダー Lavender
シソ科・多年草、草丈20〜100p、原産地は地中海沿岸。
日本人に最も愛されているハーブ。
全草に香りがあるが、特に花が強い香りがする。
乾燥させた葉は、不安や頭痛を抑える効果や美容効果があるリーフティーに。
エッセンシャルオイルには殺菌・鎮痛などの薬効もあるが、高価な香水の
原料として有名。


posted by キャットミント at 02:58| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

コルシカミント

グランドカバーとして利用されるコルシカミント、我が家では昨年9月つり鉢6号に植え直しました。

そのコルシカミントが、今鉢からもあふれて、いっぱいコケのように広がって殖えています。

corsicamint4.jpg

しかも、うれしいことに少し前から薄いピンクの小さなかわいい花を所々に付けてくれています。

まだこれから満開に咲いてくれるものだと楽しみに待っていたのですが、残念ながら花は徐々に枯れかかってきて、今は花数がめっきり少なくなってしまいました。

花が終わり次第、株分けして殖やそうとは思っているのですが、今からながら、来年もきれいに咲いてくれるかどうか、心配している次第です。

corsicamint5.jpg


コルシカミント Corsican Mint
シソ科・多年草、草丈30-50cm、原産地は温帯地帯
開花月6〜7月
香りはペパーミントの香りで、小さな葉がコケのようにビッシリ這い、クッションのように密生する。
庭や植込みのグランドカバーとして利用される。
posted by キャットミント at 21:08| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

スイスチャードの花

昨年の3月末にプランターに植えつけて育てていたスイスチャードに、花らしきもの付きました。お世辞にも花と呼ぶには、忍びないような感じの花なんですよ。

スイスチャード1

今年の春いつの間にか茎がスート1m以上にのびて、先っぽと各枝先にそれぞれ花をたくさん付けました。

はじめて付けた花なので、よくわからなかったのですが、つけた花がそれぞれ花びらを開くのかな? と思っていたのですが、いつまでたってもそのままなので、この塔の先ようなものが花そのもののようです。

思い出したのですが、以前育てていたソレルというハーブの花にも、少し似てるようです。
ちなみにスイスチャードハーブ(ハーブ野菜)です。

スイスチャード2

スイスチャード Swiss Chard
アカザ科、耐寒性一年草(二年草)、和名フダンソウ
原産地は南欧、トルコ〜イラン
カルシウム、鉄分、ビタミンA・B・Cが豊富で、若葉をサラダや料理の付け合せに使用する。大きくなった葉はゆでて、おひたしに利用する。

posted by キャットミント at 00:38| 三重 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。