2006年04月26日

ワイルドストロベリー

無料で借りている九坪ほどの土地に、いろんな植物(ハーブ・野菜・果物・その他花や木)を植えていますが、この中で一番ヤバッテいるのがアップルミントレモンバーム、それにワイルドストロベリーです。

どちらもすごい繁殖力で他のものを駆逐するほどの勢いです。
外来種のハーブは地植にしないでコンテナガーデンで楽しんだ方がいいみたいですよ。

今日はその中のワイルドストロベリーを紹介したいと思います。
幸運を招くとして、女性に大変人気があるハーブです。

ワイルド1

今かわいい白い花をたくさん付けています。もう少しすると赤い小さな実をつけてくれます。

市販のイチゴのようには行きませんが、食べると結構おいしくいただけます。自然な味なので毎年この時期を楽しみにしています。

ワイルド2

ワイルドストロベリー Wild Strawberry
科名はバラ科・多年草、和名はノイチゴ、
草丈20〜25cm
実ばかりではなく、花も食べられる。
実はサラダに添えたり、ジュースにして楽しめる。
posted by キャットミント at 03:11| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

ローズマリー

ローズマリーの花が咲いているので、カメラカメラで撮りました。


rosemary10.jpg

ピンク色の花を付けるローズマリー・マジョリカピンクは昨年からズーと咲き続けています。


ローズマリー2

青い色の花を付けるローズマリー・マリーンブルーは先月から咲いてくれています。                     
ローズマリーは、ヨーロッパでは古くから愛されてきたハーブです。


葉っぱを肉・魚の臭み消しとして使いますが、肉でも牛肉とは相性が悪いのですが、豚肉とはとても相性がよく、しかも豚肉の味を引き立ててくれます。

またジャガイモとも相性がよく、ベークドポテトやバターソテーに刻んで添えると甘い香りで風味を増してくれます。


ローズマリー Rosemary
シソ科・常緑性小低木、和名はマンネンロウ、原産地は地中海沿岸、草丈30〜200p
挿し木、とり木でふやせる、丈夫で育てやすいハーブ。
真冬にもかかわらず、薄青い小さな花をイッパイ咲かせてくれます。
魚にも肉にも、ちょっといれるだけで、フレッシュな味が楽しめる。
ペークドポテトやバターソテーに刻んで添えると甘い香り風味が増す。
乾燥した葉のリーフティには脂肪の消化を助ける作用 があると言われている。
posted by キャットミント at 01:31| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

オダマキ

オダマキ1

女房の好きなオダマキの花がきれいに咲いているので、カメラシャッターを切りました。

オダマキキンポウゲ科で、4月中旬から5月上旬にかけて気品のある青紫色の花をつけてくれます。

オダマキ2

毎年咲いてくれるのでありがたい花なんで すが、花の咲いている期間が短いのが残念でなりません。

タネの採取は簡単で、取ったタネを蒔けば、簡単に芽を出してくれます。

posted by キャットミント at 01:43| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。